思ったこと、本の感想、テレビの感想、日記


by hirokinim

トマト

b0090566_884123.jpg

b0090566_8855100.jpg

5月の連休にトマトの小さな苗木を買ってきた。
どんどんと成長している。
勢いがあるなぁ。
[PR]
# by hirokinim | 2006-06-11 08:13 | 趣味

毒笑小説

b0090566_22581316.jpg

12の短編集。おもしろいのももちろんある。でも怪笑小説の方がおもしろいかもなぁ。
ただ、ちょっと哀しみも入ってる。哀しい感じが好きなんだろうな、私は。

そのなかで同じ会社の夫を持つ奥様達の集まりのネタなんだけども、女性の本音と建前という部分に触れている短編がある。
女性がいっぱい集まるといろいろ気苦労が結構大変だろうなぁという気がする。

その点、男だけが集まるとたいした盛り上がりもみせないので、次回という話がなくなってしまう。そうしてひとり寂しく休日を過ごす男が増えるのではないだろうか。
多くの女性は人付き合いの天才なのかもしれない。
かえって女性は男性よりも営業職に向いているような気がする。
男性で営業職にホントに向いている人ってのは少数派ではないだろうか。
ああまとまらない。
[PR]
# by hirokinim | 2006-06-06 23:07 | 本・小説

TOTO Africa

この曲が頭をぐるぐる回ってしまって・・・。最近また英語に興味が出て来たのでがんばって訳してみたい。

I hear the drums echoing tonight
But she hears only whispers of some quiet conversation
She's coming in 12:30 flight
The moonlit wings reflect the stars that guide me towards salvation
I stopped an old man along the way
Hoping to find some long forgotten words or ancient melodies
He turned to me as if to say, ";Hurry boy, it's waiting there for you";

Chorus:
It's gonna take a lot to drag me away from you
There's nothing that a hundred men or more could ever do
I bless the rains down in Africa
Gonna take some time to do the things we never had

「私は今夜ドラムの音が響くのを聴いた。でも彼女は静かな会話のささやきを聴いただけだった。彼女は12時半の飛行機で到着する。月光に照らされた翼は私を救いへと導く。
古代のメロディや忘れられたものを聴きたくて老人に尋ねた。 「急げそこには君が必要なのだ。」とでも言うように振り返った。
あなたから私を引き離すのは大変なことだ。100人以上の男がかかっても無理だろう。
アフリカの雨に祈る。初めてのことには時間が必要なんだよ。」

訳してみたけどやっぱりだめだ。意味がわからない。

 
[PR]
# by hirokinim | 2006-06-03 01:25 | 趣味

怪笑小説 東野圭吾

b0090566_22452334.jpg

9つの短編集。ただし、どれも鋭い考察が含まれている。タイトルには笑いなんて書いてあるし、いくつかの長編小説、白夜行とかと比べるとたしかに明るいタッチの作品はあるけれども、するどくえぐられているのは彼の長編小説と変わらない。この人の頭の中はどうなっているのだろうか。
と思って読んでいたら、最後に解説がついていた。

若者特有と思われるシニカルな視点が多く見受けられる、と。

おうおうおうおう。若者で結構!シニカルなんてわかりにくい言葉使って、えらそうに解説してる人もいるけれども、わかりやすく見るってのはけっこう難しい。
そして子供ってのはかえって物が見えていると思ってる。

あるジーサンに線香を、動物家族、どちらも深いテーマが書かれてる。
そう、私も少しずつ老けてきている。老化ってのはよくできていると思う。20歳の元気さで突然逝くのは納得ができないだろうから。
[PR]
# by hirokinim | 2006-06-01 22:40 | 本・小説

悪意 東野圭吾

b0090566_21592126.jpg

読書感想文のうまい下手ということが少し気にかかっている。もちろんうまいにこしたことはないだろう。ただ、小学校の時にやっていた、自分が書いていた読書感想文というのは、間違いなくあらすじ。そしてそれを書いて、最後に大変おもしろかっただのそんなのを感想文と思って書く馬鹿な私でした。
 どうしてあれを小学校の先生は注意しないのだろうか。
これは間違った感想文ですと指導するのが教員、いや教員でなくても大人の仕事ではないだろうか。あれは感想文ではなくてあらすじだ。
国語の授業で小説のこのときの主人公の気持ちを書きなさいとか作者の気持ちを書きなさいとかテストに出すのもどうかと思うなぁ。
国語教育というのが難しいだろうことは理解できるけれども。

さて悪意。あらすじを書くとどうして人を殺したのか、これを考える話だ。
アサハラショウコウとかみやざきつとむとか、そのレベルまでいかなくても、習志野の22才の次男とか。どうして殺したのか。理解しにくいだろうな。
今回はもう一つのテーマとしてイジメも話に絡んでいた。イジメ。
イジメるはキャラメルとして将来も考えていきたい。
[PR]
# by hirokinim | 2006-06-01 22:21 | 本・小説

のみすぎた

昨日飲み会だった。飲み会があるらしいという話を聞きつけ、無理やり参加。
海外営業部経験者の先輩方と飲んで、参考になる話や昔の暴露話なんかを聞けて、非常に楽しかった。

現在の私の直属の上司、その上司の部下だった3人とも、あの人は素晴らしい。という意見で全会一致した。ある意味すごい。会社の上司なんてストレスの原因になるというのに・・・。そういう上司にめぐり合ったのはラッキーだと思う。

しかしながら反省点。
おしゃれな雰囲気のバーで空腹のままビールX3 ウイスキーロックx1 ビールx1
そのあと中華料理屋で芋焼酎のロック。すでに数は数えられない。
帰りの電車の記憶が薄い。そして朝までアルコールが抜けてない。
そろそろほどほどという言葉をおぼえたい。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-26 22:44 | 随筆

むとうさん

b0090566_23191023.jpg

今日はプリマダムをはじめて見た。
理由は一つ。私の好きな女優の武藤さんが看護婦役ででているから。
チーム発砲B-ZINの役者さんなんだけど、おもしろいんだなぁこのひと、ほんとに。

でも感想は正直言ってよくわからなかった。そんなに面白くはなかった。武藤さんの使い方もほんのちょっとで、活躍してなかった。バレエには興味ないわけではないんだけど。
でも来週も武藤さんが出るらしいので見ようと思っている。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-24 23:23 | 映画・ドラマ

小学6年生の作文

次の文は、関西の小学6年生の男の子の作文の一節です。この子は、生まれつき目が見えない。学校の先生が、「お前は生まれつき目が見えない。しかし、もし見えるようになったらどうする?。」
ということを聞いたのです。それを作文にしたのです。

先生、そりゃ見えたら、いっぺんお母ちゃんの顔がみたいわ。だけど、もし見えたら僕なんか、あれも見たいこれもみたい、ということになって、気が散って駄目になってしまうかもわからんわ。
 見えんかったって別にどういうこともありゃせん。先生、見えんのは不自由やぜ。でも僕が不幸やと思うたこといっぺんもありゃせん。先生、不自由と不幸とは違うんや。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-24 21:13 | 本・小説

女性「夫がストレス」

先日のサンケイ新聞の記事。男性は家庭に安らぎを感じているが、女性にとっては夫がストレスのもと。「毛髪クリニックリーブ21」のアンケート調査でこんな結果が出た。
女性のストレスナンバーワン。
「夫」!おめでとう。2位「会社の上司」ナンバー3「子供」
ということらしい。男性はもちろん会社や上司になるんだけど、女性のストレスの原因は「夫」だという。3位は子供だ。

まさか、この子煩悩のこのオレが?とおもっているあなた。
そう!あなたの妻のストレスは、あなたが家に帰ってくること!それが女性のストレスになっているのだ!

家庭が究極の幸せ?
そんなことはないでしょう。妻のストレスの1位が夫で3位が子供なんだぜ!家庭に究極の幸せなんてない。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-23 23:15 | 随筆

さいわい

産経新聞 稲垣真澄氏の記事より引用 一部略
(「幸せ」とは「し・あわせ」で「し」をあわせたものに他ならない。「し」は動詞「する」の連用形で、それが複数合わさったのが「し・あわせ」である。
日本人の感受性では、なにかをすることが幸せでなく、私の「する」ことが、過去の誰かの「なした」こと、あるいは同世代の他人の「なす」こととうまく「合わさる」こと、つまりは響きあい、反響しあってべつのあらたな世界を現出せしめることこそ幸せ、幸福であると感じられてきたのである。)
 
ふぅ~。引用長いと大変。
 
出張から帰宅する。
ただいま~。(私) タッタッタッタッタ。(走る音)おとうさん~!おかえりー!おかえりー(娘)玄関まで笑顔で走ってくる。

うれしい。

過去の誰かの「なした」ことと合わさってる?
あ~。実家のおやじだ。 
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-23 22:54
b0090566_1902035.jpg

インボイスドームで開催されている国際バラとガーデニングショーに行ってきた。
家族3人で、3年、3回、連続参加。なんとなく我が家のイベントの一つになりつつある。今年はバラがちょっと終わりかけのものが比較的多かったような気がする。気候の影響だろうか。

この写真を撮ったのは比較的すいている午前中なんだけど、かなりの賑わい。午後になるともっと混雑するらしい。昨日の土曜日は5万人以上の人出があったらしい。ちなみに入場券は2,000円だ。

バラとガーデニングにこの集客ってあるいみいいことだ。日本は平和だなぁ。
きっとガーデニングやらバラやらにかまっていられない人って世界にはいるのではないだろうか。実際は知らないけど。
かつては日本にもバラとガーデニングにかまっていられない人もいたのではないだろうか。

贅沢は素敵だ。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-21 19:13 | 趣味

電子辞書

じつは前からほしかった。買ってしまった!電子辞書。CASIO Ex-word DATAPLUS 2。しゃべるやつ。
b0090566_2233897.jpg

きっかけははっきりしている。さいえんす?という東野圭吾氏のエッセイ集を読んでから電子辞書があったらかっこいいなぁと思っていたのだ。
b0090566_2252469.jpg
このエッセイ集のなかで、東野圭吾氏は仕事場と家庭の居間に2台置いて、テレビを見ながらとか本読みながらとか気になったらすぐに使ってしらべているとエッセイに書いていた。私はすぐに影響されるタイプなので、居間で電子辞書で調べものしたらかっこいいと。

実際に使ってみてもすごい。CASIO。たいしたものだ。この技術力。電池も持つらしいし、この情報量。電源がすぐ入って、気軽に閉めれば電源が落ちる。ってこの使いやすさがすごいよなぁ。
複数辞書検索ってのが楽しいね。単語を入れると、広辞苑に書いてあることから英和辞典、和英辞典、英語類義語辞典だのことわざ仏和辞典までいっぺんに検索してくれる。
広辞苑が入ってるのがいいなぁ。忠臣蔵の話とか時代背景までわかった。
ある都市名をいれると、リンク先の地図検索で世界地図がでてくるのだ。

それから、いままでずうっとこういった買い物はビックカメラとよくわからないこだわりを持っていたんだけれども、ヨドバシアキバ店に乗り換えました。あの店好きだな。見ているだけで楽しい。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-20 22:23 | 随筆

プリンセスみち子2

b0090566_21571483.jpg

今日のみち子。一週間で随分成長した。
力があるね。遺伝子か?
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-20 22:00 | 趣味

リンクありがとう

今日は友人にむけてコメントしようと思います。その友人とは意見が違うけれど、こんな馬鹿なやつもいると考えてもらえたら充分です。
海外経験もなく、視野の狭い、10年間ずうっと、売れない商品を売り歩いた、無駄な時間をすごした人間の小さな考えです。

幸せは自分の中に見つける?
そんなことはないとおもうなぁ。「なむあみだぶつ」の「他人との関係の中で成り立つ」を参照してほしいけれども、自分の中には幸せなんかないとおもうんだよなぁ。なさ過ぎて。幸せは誰か、別に親でもいいし、友人でもいいし、彼氏でもいいし、子供でもいい。私と他人との関係がなかったら私には幸せはないね。他人(家族含む)がいるからこそどんな環境でもやる気が起こるし、特に子供ができてからは、もうたいていのことはどうでもいいと割り切れるようになったよ。自分の中には幸せはないよ。

愛とは何か?男女の愛は特に「自分だけよければいい」っていう自己中心的ウイルスが潜んでいる。特に男女の愛は自分だけよければいいってやつだよね。それは幸せよりも苦しみの原因とある人は言っている。1人の男性と付き合って楽しいから、2人と付き合うと2倍楽しい?楽しくないと思うんだ。愛なんてのは、特に男女の愛なんてのは最も信用できないね。たくさんの男に愛されたら幸せかい?

幸せはやっぱり他人との関係の中で成り立つ。よく見ると幸せに暮らした人はいっぱいいる。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-20 00:25 | 随筆

シルブプレ

s'il vous plait.  おねがいします

Qu'est-ce que c'est? けつくせぇ
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-16 22:49 | 随筆

出張

先日ブログ上で出張をネタにしたら、各方面からありがたいコメントをいただいた。
その続き。

先日の母の日。カミサンの方でなく私(夫)の実家に行った。
出張の報告をした。「に一ヶ月行くことになったんだ。」

私の母のコメント
「あらぁ、Tさん(妻の名)良かったわね、1ヶ月のびのびできて。」
私の母も私ののカミサンとOくぼさんと同じ考えの持ち主のようで、私まで笑ってしまった。

亭主元気で留守がいいというのは本音なのかもね。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-15 22:31 | 随筆

エアロビクス

松原 昌也 エアロビクス
b0090566_2272074.jpg

松原 昌也
■2002年スズキジャパンカップ男子シングル部門 4位
■2002年スズキ全国グループ部門 優勝
■2004年スズキジャパンカップ男子シングル部門 4位
■2005年スズキジャパンカップ男子シングル部門 4位
■JAF TA(テクニカルアドバイザー)

この人のレッスンに出てきた。やっぱりインストラクターと比較しても動きが違う。それだけでなくてエアロもすごく楽しませてもらった。ありがたや。エアロビクスは普通の人には気持ち悪いと思われるけど、やってる本人は気持ちいい。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-15 22:10 | 趣味

決定力不足

サッカーが好きだったものとして言いたい。
「決定力不足」これはおかしいのだ。とくにトップの2人だけが妙に非難されるというのは。
サッカーというのはチームプレーであって、ちょっとマニアックになるけれども、スペースを空けたり、そのスペースを他の人が使ったり、動きで空間と時間を稼ぐことによって別のチャンスが生まれて、ゴールが生まれるという、非常に頭を使うスポーツであるのだ。
たとえ決定力のあるトップがいるとしても勝てない試合というのはいくらでもあるのだ!
たとえば昔オフト監督が守備的な試合をしたら日本国中からブーイングを浴びたと思うけど、実際こないだのトヨタカップでは名前忘れたけど、ゴール前にスペースをあけない守備的なチームがいたじゃん。名前なんだっけ。そういうスペースを渡さないという戦術は良いのだ!
時間と空間があるから狙いをつけたシュートが打てるためゴールが生まれるのであって、決定力があるからゴールが生まれるっていう解説者、および新聞はちょっとどうかなと思うぞ!
 金田喜稔という解説者がいるけれどもこの人は決定力不足という言葉はほとんど使わないはずだ。どのように空間と時間をゴール前で多くつくるかというのがサッカーの面白いとこなのだ。
彼は非常によく見てるし、知ってると私は思っている。
 たとえばラグビーの試合ではトライ力がないとか言わないじゃない。センターにトライ力がないから負けたとか言わないでしょ?アメフトだってタッチダウン力がないとか言わないでしょ?
同じフットボールで何故サッカーの時だけ得点力とか決定力とか言うのか。
決定力不足というのをやけに言う解説者は若干怪しいよ。新聞あまりに多すぎてもうあきらめてるけど。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-13 23:06 | 随筆

東京タワー

b0090566_2264323.jpg

1,575円・・・。図書館に行って借りたほうがよかった。失敗を繰り返しながら生きている。
最後までつまらなかった。このブログのコメントが難しい。どこまで突っ込んでいいものか。

自分の半生と母親の癌と死を描いているこの本。
「確実にやってくることがわかっている恐怖。ぼくが一番恐れている事。」これが母の死だという。
今のところ母の死は体験したことがないので、あまりわからないけれども。

内容に触れるけど、九州育ちの母が75?ぐらいまで、東京に出た息子と東京タワーの近くで楽しく暮らして死んでしまう。
もう親の死、これはほんとに息子にとっての「はからいの外」じゃないのかな。
息子と母が楽しく暮らす。
これは「自分でできること」リリーフランキーさんは息子として「自分でできること」を精一杯やったからそれでいいではないか。おかあさんはきっと喜んでいる。

『十億に十億の母あれど わが母に まさる母あらめやも』 暁烏敏
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-13 22:40 | 本・小説

みちこがさきはじめた

b0090566_21483540.jpg

ことしも咲いてくれた。以前は特に興味もなかったんだけど、だんだんと興味をもつようになった。なぜだろう。年齢だろうか。うちの庭にバラが咲いたのが嬉しい。
 プリンセスミチコという種類のバラを3年以上前にもらってきて、最初は鉢植えで育てていたのだけれども、だんだんとかわいいと思うようになり、庭の芝をはがして地面に植えた。
 昨年秋の終わりに剪定をしてかなり丈を短くして、追肥をしただけで。そして春になったら枝がどんどん成長して、前年よりよっぽどしっかりとしたバラに成長してくれた。
すごいちから。ほんの少しの世話で、これだけ立派に育つってのは。驚異的だ。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-13 22:03 | 趣味

1ヶ月

b0090566_2156232.gif

b0090566_21561850.jpg

まだ最終決定とは聞いていないんだけど、市への1ヶ月の出張が来月、現実のものになりそうだ。元フランス領なので私の得意な(?)英語は現地の皆様には通用しないらしい。フランス語しか話せない人々に漏水調査の技術を伝えるらしいけど、実際どうするのかさっぱり予想もつかない。しかも会社から派遣されるのは私一人きりでちょっと心細いなぁ。
の人とは話しをできそうだけど、そっちの人は水道施設建設の仕事で来てるので、私のフランス語の通訳なんてやってもらえるのかどうなのか解りはしない。

ところで、私としては妊娠中のしかも前回の妊娠よりもつわりがある妻と成長期まっさかりの子供を残して、1ヶ月アフリカ大陸で、しかもインターネットを使えない環境(らしい)で暮らすというのは、ちょっと日本への心残りだし、寂しいかもなぁなどとのんきに思っていた。けれども、妻に言わせると、5月のゴールデンウィークに私が家にいるということは、子供だけでなく、夫を含めたの2人の面倒を見なければならないため大変だったそうだ。
ということは妻にとってはこの出張も1ヶ月楽ができるという程度のことなのだろう。

やっぱり妻と夫の意識にはかなり「差」があるなぁ。
俺より先に寝てはいけないとか、俺より後に起きてはいけないとか、メシはうまく作れとか、いつもきれいでいろとか、浮気の覚悟を、まちょとしておけとか、そういう類のことは言ったこともないし、思ってもいないつもりなんだけど、何が妻を苦しめているのだろうか。
Oくぼさんのブログにも、夫の出張が減ってちょっと残念と書いてあったし。
以前読んだ話をきかない男、地図が読めない女って本が書いてることはあってるような気がする。男と女にはなんらかの溝がありそうだ。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-09 22:24 | 随筆

ピアノ

実はピアノの音が好きだ。
中学校時代にはブルースホーンズビーが大好きだった。
b0090566_22513391.jpg

ほんとうのこと言うと南野陽子も好きだったけれど、とりあえず今日のところは置いておこう。
「The way it is」って曲があるんだけど、今でもたまに聞いている。
ピアノの何がいいのかはちょっとわからないけれども、メロディ、リズム、 そんなのかな。
いつか弾いてみたいと思ってるけど、音楽も苦手分野の一つ。歌を歌うのは嫌いではないんだけども。私がその音楽への苦手意識を克服することはないかもな~。
ピアノを上手に弾いているみぃを見てるとうらやましく思ってました。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-08 22:59 | 趣味

み ぶろぐ

http://blogs.yahoo.co.jp/nimu119
リンクさせていただきますぜ。了解もらったと解釈します。問題あったら書き込んでね!すぐ消すから。

すごい!ブログをつけようっていう心意気がえらい。みぃえらい!
だいたい私の場合酔っ払って書いてるので、めちゃくちゃな文やめちゃくちゃな記事が多いし、書かなきゃ良かったと思って消したりして、どこまで書いていいのかわからなくなったりすることもあるけど、ブログつけるってのは物を考えるきっかけにいいと思うなぁ。書いてまとめておくと自分の考えを再発見できるし、日記でも、あったことでも書いとくと自分の参考になると思う。
書くとはっきりするし、書くって作業は話したり、聞いたりするのとまた別の頭の中の作業が必要になると思うよ。
他のひとのブログ読んで参考にするだけで、勉強になることもあるだろうし、インターネット界でのプライバシーなんてことも考えるようになると思うので、私も少しづつブログを続けていきたいと思ってる。
そちらにもお邪魔するけど、意味わかんないとかあったら気軽にコメントよろしく。
ありがとう。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-08 12:33 | ブログから

たべほうだい

b0090566_7365741.jpg

連休最後の日にシェーキーズに家族でいってきた。
なんとか1100円分食べてもとをとらないと!と思ってしまうためにまた限度を越えてしまった。
食後の買い物もおなかいっぱいでやる気でないし、そろそろほどほどという言葉を覚えたい。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-08 07:36

はんさんぐん

b0090566_021088.jpg

死んでしまった。哀しい。悲しい。こういう場合は悲しいだな。
いいひとだったのに。残念。いいひとには生き延びてほしい。
でも、はんさんぐんの願いも生き延びて欲しいだった。
韓国ドラマもおもしろいなぁ。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-07 00:25 | 映画・ドラマ

美しき凶器 東野圭吾

b0090566_22501537.gif

東野圭吾氏本人の解説を読んでも駄作とよばれてるなんて書いてあったんで、ぜんぜん期待しないで〇姉ちゃんに借りてきて、4~5日かけて読んだんだけど、途中やっぱりいけてないな~なんて思いながら読んだんだけど、最後のほうはどきどきと楽しみながら読んだし、いつもどうりただのドラマで終わらせずにほろっとこさせたりして、ほんとこの作者はたいしたものだ。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-06 22:57 | 本・小説

引越し予定

ブログの引越しを検討してはや3ヶ月。投稿の時に落っこちたりするし、いろんな制約があったので、引っ越してみようとおもいます。
[PR]
# by hirokinim | 2006-05-02 22:11