思ったこと、本の感想、テレビの感想、日記


by hirokinim

過失がある

北九州市立飛幡中学校で2002年、柔道部の2年男子生徒=当時(14)=が練習中に投げられ頭を打ち死亡した事故をめぐり、両親が市を相手に総額約8370万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が31日、福岡地裁小倉支部であった。増田隆久裁判長は指導教諭らの過失を認め、約4180万円の支払いを命じた。

 死亡した生徒は体重約70キロで、練習相手の別の中学の生徒は約120キロあった。増田裁判長は、相手の生徒が投げ技で体勢を崩して一緒に倒れる傾向があった点や2人の体重差を指摘。「指導教諭には、対戦相手を限定することなく掛かりげいこに参加させた過失がある」と述べた。 

今後は少なくとも、柔道、剣道、ラグビー、サッカー、体操等の怪我の可能性のあることは子供たちにさせないほうがいいね。怪我の原因は指導教諭の責任だもんね。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-31 22:40

肉離れ?

先週の日曜サッカーをやって、かなり疲労したのは確かだ。
今日、またサッカーへ行った。
準備運動もきちんとせずにロングキックをしたところ、左足のフトモモが肉離れっぽくなってしまった。その後、ろくに動くこともできずキーパーと審判をした。

せっかくの日曜日に何をやっているんだろう。
準備運動が足りなかった。乳酸が一週間溜まっていたなんて、年をとったのかもしれない。
もちろん今も足が痛いので包帯でアイスノンを巻いてブログをつけている。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-27 21:24 | 趣味

バトンありがとう ゆ

●回してくれた方の印象をどうぞ。
センスばつぐん

●このバトンを回してくれた人を食べ物にたとえると?
チョコレート アイス (好んで食べているような印象がある)

●周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
人によるでしょそんなもん。頑固で扱いにくいと思われているかも。 

●自分の好きな人間性について5つ述べてください。
温和 親切 思いやり 分別ある 優しい そんな人間性のある人に憧れがある

●自分がこうなりたいと思う理想像はありますか?
ある

●自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。
ありがとうございます

●バトンタッチ5名!(印象つき)
あなた

●タイトルに回す人の名前を入れてびっくりさせてください。 
ちょっとこれは自分が恥ずかしい

●宝くじで3億円当たったらどうする?
欲しい人にあげます 
 
●どんな告白をされたらグッときますか?
これまた難しい。好きな人にされたらグッとくるけど。
 
●こんな人が理想!!
優秀な人
 
●異性のどんな仕草にグッとくる?
2人ぐらいの兄弟姉妹と公園なんかで遊んでる母親を感じがいいなぁと思うようになった。
携帯いじってる親を見るとガクッとくる。

●自分を褒め称えてください。
ちょうどいい
 
●逆に誰かを罵ってください。
あまり怒らないで

●最近感動した出来事は?
「手紙」東野圭吾 他たくさん

●最近怖かった出来事は?
書けません 
 
●今行きたい場所は?
フィジー
福島県福島市
シリア(客が感じよかった)

●明日の予定は?
会社終わったら飲み会

●マイミクの皆さんにひとこと
あれ、これはミクシィ用のばとんかぁ。間違えた。

●最近…恋してますか?
してないよ
 
●昔の自分は何系?(服装とか引きこもりとかヤンキーとか)
文系

●あなたにとって大事な人に一言
ありがとう

●カラオケの18番はなんですか?
みちのくひとりたび

●今ハマってるモノ
偽善劇場

●これがなきゃ生きていけないこと、もの、人は?
梅干

●自分の夢は?
具体的な形のものはあまりないかも

●幸せを感じる瞬間はどんなとき?
いただいているとき(壊れてきた)
 
●最近気になることは?
カミサンのおなかはあれでいいのだろうか?

●小さいころからの癖は?
骨盤が後傾している。(癖?)

●彼氏、彼女と価値観が合わなきゃ長続きしないと思う?
思う。どちらかが譲らないと。 

しかし長いなぁこのバトン。
ところで自分への印象で 「娘を愛している」とのコメントがあった。
普段隠している秘密なのに、何故そういう風に思われたのかが謎だ。 
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-24 23:47 | ブログから

サッカーしてきた

随分と久しぶりにサッカーをしてきた。
ハーフコートだったけど、随分と疲れた。

頭の中のイメージと自分のプレーが随分違うんだよな。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-20 21:58 | 趣味

海水浴

b0090566_2374058.jpg

朝8時10分新宿発のロマンスカー「えのしま21号」で海水浴に行ってきた。天気も良かったし、土曜日の朝早かったので新宿までの電車も座れたし、新宿からのロマンスカーは何しろ快適だった。

娘はテレビで海のシーンなどをみると「海に行きたいね」などと言うようになっていたのでちょっと夏休みらしく家族で海水浴。娘から海水浴の要望が出るなんて、随分成長したなぁと思う。

最近はプールに行っても深いところに行くと嫌がるようになっていたので、すこし水浴びする程度で言うほど遊ばないだろうと思っていたんだけど、娘と一緒に延々と1時間半ぐらい海水浴をしてきた。波打ち際遊びから父母の補助付での浮き輪波乗りまで長々と終始ご機嫌だった。
娘と一緒に遊んでこちらも楽しかった。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-19 23:38 | 随筆

日本×イエメン

非常に好感を持って試合を見た。
ああいう風に引いてゴール前を固められると簡単に点が入らないのは充分理解できる。

おもしろい、オシム監督。川渕チェアマンの解任が騒がれているようだけれども、もうちょっと待って欲しい。今のところ私はオシム氏を支持している。参加している選手のことはほとんどは知らないけれども、日本代表を応援したくなってきました。

話を聞いてもおもしろいし。ただ頭を使ったプレーなんて言うのは練習でもやっとかないとね。突然選手寄せ集めたって、厳しいよ。やるほうは。見てるほうは楽で何とでも言えるけどね。

トゥーリオ選手いいなぁ。大好き。前の宮本さんより好きだな。
ただし、今日の試合ではゴール前のスペースに最初から入ってしまっていたケースもあったので、やっぱりスピード持ってゴール前に入って行かないと活躍はむずかしいよね。

同じことなんだけど、巻選手もゴールラインまで入らないで、もっと外側から走りこんでゴールを狙うようにするようにしたほうがいい。相手デフェンスラインの人数が多すぎて渋滞になってしまっているように見えた。相手を引き連れて時にはスペースを空けるような動きもあったほうがいい。こういうゴール前を固められた相手の試合の時には。
もちろん五分五分のいい勝負の試合の時には日本代表の中で最も偉そうにゴール前に張っていて欲しいんだけど。

私はオシム支持ではあるけど、アレックスに変えて小野しんじを入れてくれるともっと応援しちゃうなぁ。

サッカーのモチベーションが上がってまいりました。口で言うのは簡単なんだよね~。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-16 23:26 | 随筆

小泉首相の靖国参拝

終戦記念日に小泉首相が靖国神社に参拝したあと、かなりのテレビで扱っていた。
よく知らなかった部分もテレビで放送されていて、興味深く見た。
というのはどうしてA級戦犯がすぐに合祀されなかったのかよく知らなかった。
こういったことに日本国民の意識を与えただけで充分に意味があったのではないかと思う。

サッカー日本代表監督のオシムさんも日本人は「自分で考える」ということを制限されているという事を言っていたらしい。自分は特にそういう傾向が強いと思う。こういう事は同じ日本人同士は口にしないよね。

戦争について国民が考えるきっかけを作った小泉首相を私は高く評価している。広島にも長崎にも、千鳥が淵にも訪問している首相をすばらしいと思う。
そして最近は以前よりも日本人で良かったと思う事が増えている。

それからまったくの蛇足ですが、「自分は靖国参拝に賛成」という友人が右でも左でもないとブログに書いていたけど、首相の靖国参拝OKというあなたはもうすでに「右」です。自覚してください。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-16 22:46 | 随筆

「赤い指」東野圭吾

b0090566_21525665.jpg

自分でもあっと言う間に読んでしまったと思う。

----------------------------------------------------------------------------------
 出版社 / 著者からの内容紹介
 直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、つい
 に登場! 身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署
 の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう。ひとつの事件を中心に描き出されるさまざ
 まな親子像。東野圭吾にしか書き得ない、「家族」の物語。
 『放課後』でのデビューから数えてちょうど60冊目にあたる記念碑的作品。
-----------------------------------------------------------------------------------

親子像。家族といったことが中心となっている。
引きこもり、痴呆などいろいろ絡めながらも自分の目に見えるように頭の中に映像が膨らむ。
内容は興味深い話しだったけど、ちょっと私の親子像と若干イメージが違って最後のあたりは腑におちないところもあったけど考えさせられる。読んで良かった。

腑に落ちないところは話の核心とも言えるところだったので今回は批判はやめときます。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-16 22:20 | 本・小説

言わせてみてぇもんだ

さて、お盆休み突入1日前、東京支店のメンバーと6時半から9時半までガッツリ飲んで参りました。ビールジョッキ2杯と焼酎数えてないけど、5杯くらい飲んだのではないだろうか。
その飲み会の帰り道、私はMP3プレイヤーを持ち歩いているので、久々に聞いたシフクノオト。
感動しました。私は飲むとさらに感動します。

さて、何に感動したかといいますと、「言わせてみてえもんだ」 (俺が)必要と言わせてみてぇもんだ。という歌なんだけど、先日友人に誤解を与えてしまったこともあって、感動していた。
これを言いたかったんだ。

たとえば、「あなたがギニアに行ってここからいなくなれば嬉しい」と言われればちょっと悲しい。
「あなたがギニアに行って日本でメシを食わなかったので生活費が普段の月より一万円浮いたよ」と言われれば嬉しい。

ただこれだけのことなのだ。こう書いていれば、友人に誤解を与えることはなかったのになぁ。と
そんなこと考えている。もちろん「一万円浮いたよ」などうちのカミサンは言うようなタイプではないのは百も承知なので、言わせてみてぇもんだというモチベーションは常にあるね。私には。

サインもいい歌だと今日も改めて思った。Anyも。バンクバンドのTo Youもいつか聞いてみたい。

このくらい酔っ払ってブログを書いていると、どうもこのBlue Skyというタイトルには馴染みを感じない。前のほうがよかったかなと、そんなこと考えている。
あと一日でお盆休みだぁ。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-10 23:04 | 随筆
交通事故で死んだ父親から子供3人と母親に対して、あるスピリチュアルおじさんからメッセージが届く。
という内容の番組をテレビでやっていた。
小学生の子供3人がおいおい泣きながら死んだ父親からの手紙聞いている。おとうさんはいつでも見守っているとか、とうさんに話しかけろとか、いい子でいることがプレッシャーにならないか心配だとか、死んでお詫びしたいとか。欠け替えのない子供たちとか、自分は死んで家族から欠けてしまったのにもかかわらずそういう事をいう死んだ父。それを読む船越栄一は非常にうまい。うまいのだけれどもやりすぎ。

あれは良くない。子供に悪影響を及ぼす。子供の父親に対する記憶まで変わってきてしまう可能性がある。

テレビの大体がやらせで視聴率を取れればいいというのはわかっているけれども、今日のあのテレビはやりすぎ。ギボあいことか、いろいろな霊能者がいままで話題になったけど、皆ブームのように消えていった。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-08 21:53 | 随筆

立秋

今日で立秋。
もうすっかり秋。

昨日スポーツクラブでサッカー部時代の先輩に出会った。
未だにサッカーを続けているらしく、試合に誘っていただいた。
ワールドカップ見てモチベーションが上がっていたところなので、いい機会だ。参加してこよう。この暑さのなかでは走れないだろうなぁ。

平日スポーツクラブにいって、仕事の休みはサッカー?
結婚して子共のいる女性の方の話を最近聞くようになったけれども、比較すると男性ってやっぱり楽だ。仕事が順調という条件つきだとは思うけどさ。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-08 13:26 | 随筆

21人家族

妻2人、21人家族。私がギニア滞在中に最も信頼していた運転手の家庭の話なんだけど、当然21人家族でケンカしたりしないのか気になって聞いてみた。

ケンカは全くないとの返答。どうしてか聞いた、ちなみにフランス語で「プルクワ?」
だって「家族」だもの。と。日本での私の家族が妻と娘の3人だと言うと信じられないとのこと。

ここからは完全に私の主観なんだけど、確かにイスラムの教えも深く浸透しているとは思うけれども、娘たちも家を出ずに言ってみればマスオさん(娘のだんな)が当然のように一緒に3人暮らしている。運転手の父はギニアの電話通信業のさきがけで一財産築いた人らしい。
そういう人にいってみれば経済的におんぶだっこで暮らしているようなのだ。
運転手の家は、車を持っているだけあって、ギニアの平均からみれば非常に裕福。そういう家庭に親戚一同みな集まって暮らしている。

日本だってもちろん「家族」なんだけど、姑が気に入らないとか、嫂が嫌とか、爺さんが頑固で嫌とか、しまいには自分の意思で結婚したはずの夫が出張に行かないのが許せないとか言う始末。

違いを考えてみたんだけど、イスラムの教えか、もしくは貧乏という環境が関係しているとしか思えない。女性も男性も生活力が乏しくて、新しく来た妻が嫌とか言っていたら、ご飯を食べられない生活になる不安があるのではないだろうか。

しかしながら、彼らはギニアで皆楽しそうに明るく暮らしている。ジャポネ!金をくれよといいながら。一方日本では老人ホームが大繁盛しているけれども、どちらが幸せなのかは私にはよくわかりません。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-02 23:11 | 海外営業
やっと「マネーマネー」カントリーを出国することができて、ちょっと一安心したエアフランス機内。

時間が遅くなったこともあって、私はその飛行機への搭乗は最後の方でした。
やっとの思いで自分の座席をみつけ、かばんを上の棚にしまって一安心。やっぱりエアフランスのスチュワーデスさんは綺麗だな~とおもって見ていると、近づいてくる?

「ユアシート?」英語だ。(さっきもらったボーディングパスの半券は?おっ、かばんと一緒にしまっっちゃったよ(私)) 「D31」(あってるよな(私))

その半券を彼女に見せた。ちょっとコクリとしたように見えたエアフランスの綺麗なお姉さん。今度は「ユアシート」と言いながら後ろの方を指差す。私はもう一度D31の自分のシート番号を確認した。あっていた。でも指の方向は後ろなので、ちょうどかばんを下ろしたこともあり、荷物をまとめた。するとおもむろにそのスチュワーデスさんは私の腕をがしりとつかみ、後方の席にひっぱって行くのだ。まるで私はFBIに連れられる宇宙人のようだった。そのスチュワーデスはF47のシートに私のD31半券を挟み、そしてF47シートを指差すのみ。

訳がわからなかったけど、その席F47におとなしく座ってしばらくすると3人組みぐらいの客が私のもといたシートD51E51F51に座った。なるほど、席替えだったのか。やっと理解できた私。

でも、普通「他の席に変わっていただけますか?」とそういう一言をいわないか?フランスでは何も物を言わずに客の腕ひっぱんのかい?英語でもフランス語でもいいからさ。何か言ってよ!やっぱり日本人、いや私はフランス人には馬鹿にされてんだろーなーと思った。
全体的にエアフランスにはいい印象を持たなかった。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-01 23:41 | 海外営業

ギニア出国 マネー事件

ギニア最後の日、帰国の日。
空港へ行くと、綺麗なイスラムの服を着た人が2人。私を見送りに来てくれていた。
うちのカミサンへのプレゼントだと言って民族風の布をくれた。嬉しかった。

そしてしばし別れを惜しむうちに帰りのフライトまであまり時間がなくなってしまった。
飛行機にはあまりなれていない。今回の出張で少し長時間のフライトに慣れたという程度しか経験がない。
スーツケースの鍵をかけずに空港に来てしまったので鍵をかけようと思いスーツケースを空港で空け、かばんを探ると鍵がない。どうしよう。ぴんち。さがしてもさがしてもみつからない。また時間をくってしまった。えい、しかたない、ビニールぐるぐるに巻いてもらって、飛行機に預けちゃえ。

ビニールぐるぐるコーナーにいくと、何故か後ろから来た黒人が私の順番を追い抜いていく。
また時間がかかる。でもなんとかスーツケースをビニールで巻いてもらった。

今度は荷物を預けてチェックインしよう。ここでも人はいっぱい並ぶしさらに時間はなくなってくる。順番が来たというのにエアフランスのギニア姉さんはなんだか私の荷物に集中せずに電話だのなんだの、他の客の荷物重量超過料金の精算だのおそいったらありゃしない。しかもだ、成田までつけてくれと私が言っているのに、香港までしか無理だとか訳のわからないことをいう。フランスまでなら理解できるけど、キャセイパシフィックの乗り継ぎの香港で荷物だけ止まるのは意味がわからないとかなりせっとくしたところ、成田までスーツケースを手配できたとのこと。

急げ次は出国手続きだ!ここで重大ミスを犯していた。飛行機の搭乗券を受け取っていなかったのだ。係員がボーディングパスと私に言ったときに気がついた。係員は隣にいる男に私のパスポートをおもむろに渡す。私だってスーツケースの姉ちゃんがくれることぐらい知っているけれども、その男は私のパスポートを離さない。結局スーツケースの姉さんの所に戻って、搭乗券をもらおうとしたら、その男は搭乗券とパスポートを奪い、マネー!マネー!ちっともパスポートを返してくれない。私が手を出したら振り払うのだ。もちろんデカイ黒人。

多少の金はあったんだけど、時間が何しろ迫っていたのと、この国の「マネーせびり風習」には若干頭にきていたので、空港のロビーに響くぐらい大きな声で「いい加減にしろ」とでかい声で言って、そのあと本気でこちらがパスポートを奪い取りにいったら返してもらえた。一安心。

ギニア空港の係員が、よくわからない「マネーせびりマン」と組んでいるんだよね。ちょっと私の常識を超えたできごとでした。

そのあとは無事蒸し暑い空港から出国できました。もちろんターミナルビルはなく、滑走路を歩いて飛行機に乗る空港でした。
[PR]
# by hirokinim | 2006-08-01 23:22 | 海外営業

ほうきぼし

日本に帰ってやりたいことの一つに ミスチルのシングルCDを買いたいというのがあった。
早速25日の火曜日にCD屋さんに買いにいった。DVDがついて1500円だった。

ほうきぼしという曲を聞いたんだけど、少しも胸に響かなかった。感受性が鈍ってしまったのだろうか。すこし寂しい出来事でした。DVDのテーマもあまり共感できなかったな。自信をもてない人の話なんだけど、なんかなぁ。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-27 22:34 | 趣味

帰ってきました

過ぎれば早かった。ほんとそう思う。
無事家に着きました。

パリでまたちょっとお散歩をして、湿気の少ない空気を満喫。
儀煮亜と比べて湿度が低いって素晴らしいと思ったものの、日本に帰ったら結構湿度高い。

でもちょっと帰りの飛行機も長く感じたなぁ。儀煮亜の飛行場も感じ悪かったし、フランスでは搭乗手続きにまる2時間かかって乗ったのは出発時刻に近いような状況だった。

それからフランスで感じたのは、儀煮亜のフランス語とフランスのフランス語はイントネーションがはっきり違っていた。「うぅぃ、むしぃょぉおうぅ」というフランス式に対して儀煮亜では「ウィ、ムッシュゥ」とあっさりしている。フランス式は巻き巻き感が強いね。

ゆっくり娘と湯船に入って、ビール飲んで酢の物、オクラ、ご飯。
マグロ刺身も美味しかったけど、それよりもっと酢の物、オクラ、ご飯がおいしかったなぁ。お茶もおいしかった。

それから1ヶ月ぶりに体重をはかったら、3kgは痩せていた。カミサンはもっと痩せたような印象を持っているようだ。
実は今、早朝5時前に目が覚めてしまった。時差ぼけかな。もう一度朝風呂でもはいろうかな。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-25 04:45 | 随筆

明日はバンドルディ

b0090566_4365397.jpg
b0090566_4371946.jpg
講義としてはあとのこすところバンドルディ 1日!しかもバンドルディは半日授業。
そして、日本語からフランス語の通訳さんもやってきて、この写真の生徒たちに修了書を渡して、報告書の打ち合わせを行うはず。
ということは実質の私の1ヶ月の講義は終了といっても過言ではありません。ぱちぱちぱち。もう気楽なもので記念写真なんて撮ってしまいました。

明日は思いっきり日本語を話そう。
ちなみにバンドルディはフランス語で金曜日です。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-21 04:43 | 海外営業

最終週

b0090566_3372742.jpg
b0090566_3375577.jpg
b0090566_3383113.jpg
早くも最終週を迎えております。1ヶ月もウチの会社の機材の取説したことないぞーと、当初考えていましたが、早くも最終週の水曜日も終わり、既に現場実習は終了しました。あれ、まだ生徒が使い方覚えてないみたい。急いで説明しなきゃ!とあせっているような今週の私。
今週は機器使用法の復習と実施テストにあてていますが、非常に成績が悪いんだなぁ、これが。
先生にも責任あるかもしれないけれども、もうちょっとなぁ。
でもあと2日あるのでしっかりとやらないと。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-20 03:42 | 海外営業

足に魂こめました

b0090566_227511.jpg
カズのことを取材した人が書いた本だけど、カズの気持ちのようなところまで取材されている。
少年時代からブラジルへのサッカー留学、Jリーグが開幕する時に、兄のいる清水エスパルスと読売ヴェルディのどちらを選択するかあたりまでの内容でした。

この本はなぜか突然ホテルのマスターの奥様が貸してくれたのです。
あげると言われたのですが、帰りの荷物はできる限り軽くしたいので、既に返却しました。

いい勉強になったな。カズはけっこう努力家みたいだ。やっぱり見えないところで努力してる奴が上に上がっていくという印象を持った。右足と左足でまったく同じかそれ以上になるってのは並の努力では無理だよね。それを努力と思うか思わないか。きっと彼は努力と思わずにやってるんだろう。

もちろん努力が実にならない人も中にはいるのだろうけれども。
日々の積み重ね。 そしてそれより何より「運」。
就職の時に親戚の伯父に相談したことを思い出す。何しろ「運」だと教えてくれた。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-16 02:42 | 本・小説

ジダン頭突き事件

金曜日の夜です。ヒマです。
ドライバーは無事首都に戻りました。連絡がつきました。

粉栗報にも若干私は飽きてきましたので、たまには別のネタも。
ジダン事件についてですが、私はジダン擁護派です。

できる限り口で返すべきだけれども、あまりに頭にきたときはあれもいい。
後で法的に訴えたりするよりよっぽど健康的。

前にもブログに書いたけど、「やめてほしい」の一言が言えないような男は大嫌い。
頭突きをしてもいいというわけではないけど、自分で解決しようとしないと。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-15 06:18 | 随筆
b0090566_1962878.jpg

b0090566_1964773.jpg

b0090566_197820.jpg

b0090566_1972763.jpg

b0090566_1974567.jpg

ボンジュール。おとといは現地の商社の方の招待で中華料理。W大ラグビー関係者の方でD東文化の話などで花が咲き、ビールワインビールビールと調子にのって飲みすぎました。この話は水曜日の夜。ここまではいいんだけど、おかげで、またお腹の調子がよくなかったし、寝不足。

そして大変だったのは木曜日。写真のちょっとした昼の食事会は私のおごりです。この人数で食べて200000FG。安くないけど、日本よりは安いでしょ。この食事会は皆喜んでくれたようで、私も非常に嬉しかった。この人数で全部で5000円ぐらい。なぜ大変だったかというと、現場作業が続いてるのだけれども、首都から60キロぐらい離れた山の中で車がエンスト。再度エンジンをかけなおすとエンジンからキャラキャラと異様な異常音。
とりあえず現場実習までは持ちこたえてPM5時。そこから修理工場まで1時間で6時。
なぜかこの国は夜が明るくて、電気がなくても目が見えるので8時ぐらいまで修理工場にいたんだけど、エンジンの内部の故障のようで、直らない。エンジンがかからない。夜8時ぐらいになってから、明日まで直らないという話になってしまった。
もう暗いし何しろ田舎で電話が通じない。仕方が無い、乗ってはいけないと言われたタクシーで帰った。何しろ乗り合いタクシーで人数がいっぱい乗る。普通の一人乗りの前の座席に乗ったんだけど、私の隣にでかいおじさんが乗って、私がたまたま真ん中なんだけど、お尻の半分もシートに乗せてないよ。左太ももにはシフトレバーが当たりっぱなし。しかもマニュアル車。
乗りにくくてさ、途中で降りて乗り換えしろとか言われるし。大雨の中ね。ちなみに今こちらは雨期。次のタクシーに夜9時ぐらいかな、乗り換えた。今度は前のシートは嫌だったので、後ろに乗ったら後部シートが外れてるし、汚いし、雨でぬれてるし。

それでも50キロ先から 40000FG 日本円で1000円 そんなに高くなかった。通訳さんが一緒に来てくれてよかった。以前勝手に訳すなとか怒るんじゃなかったなぁ。悪いことした。あいつはいい奴だ。
ホテルに着いたのは10時過ぎでレストランはやってないし。眠いし。
金曜日、もちろん講義なんだけど、運転手不在で、さあどうするか?

そして今朝金曜日、私の運転手の車が来ないのはわかっていたので、木曜日のうちに水道局の人に私の泊まっているホテルまで迎えに来てくれと依頼をしていた。9時15分ぐらいになってしまうかもということだったので、9時ぐらいから部屋で待っていた。この記事を最初に書いていたのはそのころだったのだけど、水道局の車がいっこうにこない!あれ、まずい。何しろ勝手に休んで、これ以上スケジュールの延期などはごめんだというのが頭にあるのでなんとしても行かないと。 
相談するとタクシーを拾っていってくれ、との返答!最初タクシーには乗ってはいけないといっていたのに!ぼったくりや、どこに連れて行かれるかわからないし、金を持っていると思われるから、ちゃんと雇っている運転手の車に乗ってくれと。

ホテルの姉さんに相談すると、タクシー代15000とのこと。ちなみにホテルの姉さんだってフランス語だしね。空港のある場所の近くにある水道局と英語で場所を教えたつもりなんだけど、タクシーの運転手が水道局の場所しってるのかと思ったら、運転手はわかっていなかった。「空港はわかるよ!」とのこと。まずい!俺も場所がわからない。

でもなんとかかんとか到着。
そこからが大変!運転手は私に50000を要求。フランス語でまくしたてられる。しまったこれはぼったくりだ。まずいピンチ。日本人だと思ってなめられてる。水道局の中まで入ってくれと
まず頼んで、私は交渉を水道局員に依頼した。それから局員ととタクシーの運ちゃんでバトルバトル!激しいよここのケンカは。もう50000FG払えばよかったというぐらいの口げんか。何をいってるのかきいたところ、30000FGを局員に渡してそのあと、お前はあっちに行っていろと!そのあともかなりの激しいケンカ。
50000FG払えば良かったと思うくらい水道局員は粘って交渉してくれた。

最後にはタクシーの運ちゃんもぶち切れて、そこまでいわれちゃぁ金いらねえよとばかりに勝手に車動かすし、その車に30000FGを放り込んで決着したんだけど、やっぱり一人でタクシーには乗りたくない。なにしろあのケンカをするくらいなら金を払ったほうがマシ。精神的にきつかった。

実は朝10時半ぐらいには水道局員は私のホテルに来てくれていたらしい。待ってればよかったんだけど。ただ、9時に待ち合わせで15分ぐらい遅れるかもといわれると、これは何かおかしいと思ってしまうんだよね。もちろん日本だったら携帯使うんだけどさ。あっちも気を利かせてホテルに電話くれるような状態ではないんだよね。
もうこの国のタクシーはこりごり。まったく知らないぜんぜん違う場所に行ったときはほんとに不安だったよ。自慢じゃないけど道知らないよ。今週の木、金は若干疲れたよ。

水道局員にあとで安易にタクシー乗るなとか怒られるしさ。いい時計するなとか怒られるし。時計なんて日本では持って歩きはしないのに。しかもだ、ホテルに帰ったら、ホテルの姉ちゃんにまで、タクシーに乗るときは金額を決めてから乗らないとだめだと。ホテルが交渉したら、運転手は今後のため、ボッタクリはしないと。それを早く教えてくれ。俺朝、どうすればいいのか聞いたじゃん。英語で。フランス語はもうこりごり。 あーグチ書いた。

それにしても水道局員とタクシー運転手のケンカはすごかった。ちなみに10000FGは 日本円250円。何をやってんだろうなぁ俺は。そして私の運転手とは未だ連絡がつかない。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-14 19:21 | 海外営業

現場作業開始

b0090566_5292060.jpg

b0090566_5294632.jpg

b0090566_530131.jpg


とりあえず一通りの説明と実習を終わらせて、現場作業開始。
とにかく暑くて飲み水が必要。
子供が興味もっていっぱい寄ってくる。

地平線ってのが見えた。現場作業になったら、まったく別の所になったので、風景だの、田舎っぽさとか、ちょっと都会とは違った雰囲気だった。あしたも同じ場所なので嬉しい。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-11 05:33 | 海外営業

優勝決定

なんだかホテルの中もホテルの外もすごく騒がしい。
フランスのPKはずしちゃったひとちょっと気の毒だな。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-10 05:48 | 趣味

決勝戦

決勝にふさわしいいい試合。
ジダンの運動量が落ちてるけど、ボールもったらすごい。
これから延長。

さっきホテルのバーにいったら、フランスかイタリアか?と聞かれて、フランスといったらブーイングをされてしまった。よくみれば、そのひとはイタリア風の顔立ちだった。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-10 04:56 | 趣味

天空の蜂 東野圭吾

b0090566_2521983.jpg

久しぶりの東野作品、持参したのはこれだけです。あとは重くて置いてきました。

東野作品のなかではそれほど、衝撃をうけなかったかな。
原子力発電についての作品なんだけど、特に私はもうただ意識が低いだけの無言の群集の最たる人なのだろう。なにしろ最近私は「ことなかれ主義」に傾倒しつつあると自分でも思う。
北朝鮮に経済制裁をなんていう話題が国連規模ででているような記事をゴーリキのブログで見たけど、北朝鮮を経済的に孤立させるような行動は是非やめてもらいたい。北朝鮮に経済制裁なんてしたら、はっきりいって「過ちの繰り返し」じゃないかと思ってしまう。何もなかったようにおだやかにして欲しい。

日本国民に対して原発を問うようなところもあるんだけど、読んでいるときは楽しく読めます。東野氏の原発に対するモチベーションの高さまで伝わるような作品です。

それからこの作品を最初に天空の峰と読んでしまって以来、どうもミネがあたまから離れないで困っている。
や ありがとう。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-10 03:02 | 本・小説

モスクでおいのり

ホテルマンとモスクでお祈りをした。

 ほんとのモスクの中で、日曜日はこの時間とお祈りの時間が決まっているらしく、かなり長いお祈りだった。お清めの時間から含めると20分ぐらいの長いお祈り。
意味はよくわからなかったけれども、ちょっとやはり敬虔な気持ちになっていいなぁ。
おでこをべったりつけたり、たちあがったり、腕を組むように前で重ねたり、一本指を出してみたり、お祈りするほうも結構忙しい。
いやぁ、モスクになんてなかなか行けないと思うのでいい体験させてもらった。


 
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-10 02:48 | 海外営業
b0090566_17535128.jpg

b0090566_1754222.jpg

日本人会というものが催されることになり、K建設の方も別に滞在期間は気にしなくてよいというので参加してしまった。子供もけっこういたけど、大人総勢29名。この写真の中には、大使、大使夫人もふくまれている。
まず大使が普通の気さくな人でびっくり。何かこまったことがあったら気軽に大使館に来てくれ。
そして、横柄な態度をとる職員がいたらいってくれ、大使の自分が横柄な態度をとっていたらいってくれと。
多少、社交辞令で大使館へお気軽にという発言があるかもしれないけど、かなり真心のある大使のようで、私は大使という職業のイメージが変わった。

日本人の中には、大学院生でありながら、マングローブ稲の研究にここで3年しかも田舎住まいのため、電気、お湯の無いのは当たり前、現地食たべまくり、いや現地食しかたべられないという女性とお話できた。見た目は普通のお姉ちゃんみたいだけど、やってることはもう尊敬するしかないよ。たった2週間の都会暮らしでもう帰りたいとかいってる甘ちゃんとはちょっと違うよ。こころざしがね。
マラリア経験者も多数いたし、JICAでの生活はとんでもないとか、盗難事件とか、それから大使、大使館員とも気軽に話しをしてしまった。

ビンゴをやったんだけど、子供が2倍当たりやすくなっているにもかかわらず、何故か一等賞をもらってしまった。私としては珍しい。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-09 18:07 | 海外営業
アシックスインジェクターは高級品だからね。かわごえあたりまで探しにいかないと売ってないかもね。モンブランならかくえいで買えるとおもうんだけども。

さて、まちにまった金曜日がやってきました。午前中で勉強は終了。
生徒の皆様はモスクに向かいます。

今日は時間があったので、ホテルの守衛を買収して、市内をお散歩。ほんとにホテルのそば。
写真撮影はすべて頼んでいる。それでも誰に許可とって写真撮ってるんだ、金払えとかいわれるので、ちょっとその点は悲しい。
バオバブの木とホテルマン
b0090566_5483626.jpg




b0090566_549185.jpg
b0090566_5492669.jpg
b0090566_5495629.jpg
b0090566_5502391.jpg

[PR]
# by hirokinim | 2006-07-08 02:58 | 海外営業

フランス対ポルトガル

うーん。おもしろかった。得点シーンこそしょぼかったかもしれないけれども、ポルトガルの全力尽くしてる感じがおもしろい。もちろんフランスも全力なんだけど、守りきる全力と、攻める全力がぶつかってる。技術もハイレベルだしね。うーん、いいなぁ、サッカー。
やっぱりあそこまで勝ちにこだわるともっと楽しいと思うんだよね。

社会人になって私も少しやってみたんだけど、そこでは絶対にファールをしてはいけないというのが暗黙の了解という気がして、あまり馴染まなかった。

何か趣味みつけようかな。
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-06 06:02 | 趣味

熱心です

b0090566_5525645.jpg

受講生たちは非常に熱心。取説もっとくれとか言われて困ることもありますが。
b0090566_5533236.jpg

儀煮亜の人々に写真を撮ってもらうと、非常に興味深そうに液晶を覗くので自然と笑ってしまう。


それから、今日は仕事帰りにまた市場に行って買い物をした。
買ったものは、スリラー、マイケルジャクソンのテープ。一本300円ぐらい。移動中には音楽がかかってる方がいいよね。
コミュニケーションの難しい運転手とも意見が一致。
ビリージーンを聞きながら、「マイケルジャクソン、ボン(Bon)」
[PR]
# by hirokinim | 2006-07-05 05:59 | 海外営業