思ったこと、本の感想、テレビの感想、日記


by hirokinim

<   2006年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ほうきぼし

日本に帰ってやりたいことの一つに ミスチルのシングルCDを買いたいというのがあった。
早速25日の火曜日にCD屋さんに買いにいった。DVDがついて1500円だった。

ほうきぼしという曲を聞いたんだけど、少しも胸に響かなかった。感受性が鈍ってしまったのだろうか。すこし寂しい出来事でした。DVDのテーマもあまり共感できなかったな。自信をもてない人の話なんだけど、なんかなぁ。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-27 22:34 | 趣味

帰ってきました

過ぎれば早かった。ほんとそう思う。
無事家に着きました。

パリでまたちょっとお散歩をして、湿気の少ない空気を満喫。
儀煮亜と比べて湿度が低いって素晴らしいと思ったものの、日本に帰ったら結構湿度高い。

でもちょっと帰りの飛行機も長く感じたなぁ。儀煮亜の飛行場も感じ悪かったし、フランスでは搭乗手続きにまる2時間かかって乗ったのは出発時刻に近いような状況だった。

それからフランスで感じたのは、儀煮亜のフランス語とフランスのフランス語はイントネーションがはっきり違っていた。「うぅぃ、むしぃょぉおうぅ」というフランス式に対して儀煮亜では「ウィ、ムッシュゥ」とあっさりしている。フランス式は巻き巻き感が強いね。

ゆっくり娘と湯船に入って、ビール飲んで酢の物、オクラ、ご飯。
マグロ刺身も美味しかったけど、それよりもっと酢の物、オクラ、ご飯がおいしかったなぁ。お茶もおいしかった。

それから1ヶ月ぶりに体重をはかったら、3kgは痩せていた。カミサンはもっと痩せたような印象を持っているようだ。
実は今、早朝5時前に目が覚めてしまった。時差ぼけかな。もう一度朝風呂でもはいろうかな。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-25 04:45 | 随筆

明日はバンドルディ

b0090566_4365397.jpg
b0090566_4371946.jpg
講義としてはあとのこすところバンドルディ 1日!しかもバンドルディは半日授業。
そして、日本語からフランス語の通訳さんもやってきて、この写真の生徒たちに修了書を渡して、報告書の打ち合わせを行うはず。
ということは実質の私の1ヶ月の講義は終了といっても過言ではありません。ぱちぱちぱち。もう気楽なもので記念写真なんて撮ってしまいました。

明日は思いっきり日本語を話そう。
ちなみにバンドルディはフランス語で金曜日です。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-21 04:43 | 海外営業

最終週

b0090566_3372742.jpg
b0090566_3375577.jpg
b0090566_3383113.jpg
早くも最終週を迎えております。1ヶ月もウチの会社の機材の取説したことないぞーと、当初考えていましたが、早くも最終週の水曜日も終わり、既に現場実習は終了しました。あれ、まだ生徒が使い方覚えてないみたい。急いで説明しなきゃ!とあせっているような今週の私。
今週は機器使用法の復習と実施テストにあてていますが、非常に成績が悪いんだなぁ、これが。
先生にも責任あるかもしれないけれども、もうちょっとなぁ。
でもあと2日あるのでしっかりとやらないと。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-20 03:42 | 海外営業

足に魂こめました

b0090566_227511.jpg
カズのことを取材した人が書いた本だけど、カズの気持ちのようなところまで取材されている。
少年時代からブラジルへのサッカー留学、Jリーグが開幕する時に、兄のいる清水エスパルスと読売ヴェルディのどちらを選択するかあたりまでの内容でした。

この本はなぜか突然ホテルのマスターの奥様が貸してくれたのです。
あげると言われたのですが、帰りの荷物はできる限り軽くしたいので、既に返却しました。

いい勉強になったな。カズはけっこう努力家みたいだ。やっぱり見えないところで努力してる奴が上に上がっていくという印象を持った。右足と左足でまったく同じかそれ以上になるってのは並の努力では無理だよね。それを努力と思うか思わないか。きっと彼は努力と思わずにやってるんだろう。

もちろん努力が実にならない人も中にはいるのだろうけれども。
日々の積み重ね。 そしてそれより何より「運」。
就職の時に親戚の伯父に相談したことを思い出す。何しろ「運」だと教えてくれた。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-16 02:42 | 本・小説

ジダン頭突き事件

金曜日の夜です。ヒマです。
ドライバーは無事首都に戻りました。連絡がつきました。

粉栗報にも若干私は飽きてきましたので、たまには別のネタも。
ジダン事件についてですが、私はジダン擁護派です。

できる限り口で返すべきだけれども、あまりに頭にきたときはあれもいい。
後で法的に訴えたりするよりよっぽど健康的。

前にもブログに書いたけど、「やめてほしい」の一言が言えないような男は大嫌い。
頭突きをしてもいいというわけではないけど、自分で解決しようとしないと。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-15 06:18 | 随筆
b0090566_1962878.jpg

b0090566_1964773.jpg

b0090566_197820.jpg

b0090566_1972763.jpg

b0090566_1974567.jpg

ボンジュール。おとといは現地の商社の方の招待で中華料理。W大ラグビー関係者の方でD東文化の話などで花が咲き、ビールワインビールビールと調子にのって飲みすぎました。この話は水曜日の夜。ここまではいいんだけど、おかげで、またお腹の調子がよくなかったし、寝不足。

そして大変だったのは木曜日。写真のちょっとした昼の食事会は私のおごりです。この人数で食べて200000FG。安くないけど、日本よりは安いでしょ。この食事会は皆喜んでくれたようで、私も非常に嬉しかった。この人数で全部で5000円ぐらい。なぜ大変だったかというと、現場作業が続いてるのだけれども、首都から60キロぐらい離れた山の中で車がエンスト。再度エンジンをかけなおすとエンジンからキャラキャラと異様な異常音。
とりあえず現場実習までは持ちこたえてPM5時。そこから修理工場まで1時間で6時。
なぜかこの国は夜が明るくて、電気がなくても目が見えるので8時ぐらいまで修理工場にいたんだけど、エンジンの内部の故障のようで、直らない。エンジンがかからない。夜8時ぐらいになってから、明日まで直らないという話になってしまった。
もう暗いし何しろ田舎で電話が通じない。仕方が無い、乗ってはいけないと言われたタクシーで帰った。何しろ乗り合いタクシーで人数がいっぱい乗る。普通の一人乗りの前の座席に乗ったんだけど、私の隣にでかいおじさんが乗って、私がたまたま真ん中なんだけど、お尻の半分もシートに乗せてないよ。左太ももにはシフトレバーが当たりっぱなし。しかもマニュアル車。
乗りにくくてさ、途中で降りて乗り換えしろとか言われるし。大雨の中ね。ちなみに今こちらは雨期。次のタクシーに夜9時ぐらいかな、乗り換えた。今度は前のシートは嫌だったので、後ろに乗ったら後部シートが外れてるし、汚いし、雨でぬれてるし。

それでも50キロ先から 40000FG 日本円で1000円 そんなに高くなかった。通訳さんが一緒に来てくれてよかった。以前勝手に訳すなとか怒るんじゃなかったなぁ。悪いことした。あいつはいい奴だ。
ホテルに着いたのは10時過ぎでレストランはやってないし。眠いし。
金曜日、もちろん講義なんだけど、運転手不在で、さあどうするか?

そして今朝金曜日、私の運転手の車が来ないのはわかっていたので、木曜日のうちに水道局の人に私の泊まっているホテルまで迎えに来てくれと依頼をしていた。9時15分ぐらいになってしまうかもということだったので、9時ぐらいから部屋で待っていた。この記事を最初に書いていたのはそのころだったのだけど、水道局の車がいっこうにこない!あれ、まずい。何しろ勝手に休んで、これ以上スケジュールの延期などはごめんだというのが頭にあるのでなんとしても行かないと。 
相談するとタクシーを拾っていってくれ、との返答!最初タクシーには乗ってはいけないといっていたのに!ぼったくりや、どこに連れて行かれるかわからないし、金を持っていると思われるから、ちゃんと雇っている運転手の車に乗ってくれと。

ホテルの姉さんに相談すると、タクシー代15000とのこと。ちなみにホテルの姉さんだってフランス語だしね。空港のある場所の近くにある水道局と英語で場所を教えたつもりなんだけど、タクシーの運転手が水道局の場所しってるのかと思ったら、運転手はわかっていなかった。「空港はわかるよ!」とのこと。まずい!俺も場所がわからない。

でもなんとかかんとか到着。
そこからが大変!運転手は私に50000を要求。フランス語でまくしたてられる。しまったこれはぼったくりだ。まずいピンチ。日本人だと思ってなめられてる。水道局の中まで入ってくれと
まず頼んで、私は交渉を水道局員に依頼した。それから局員ととタクシーの運ちゃんでバトルバトル!激しいよここのケンカは。もう50000FG払えばよかったというぐらいの口げんか。何をいってるのかきいたところ、30000FGを局員に渡してそのあと、お前はあっちに行っていろと!そのあともかなりの激しいケンカ。
50000FG払えば良かったと思うくらい水道局員は粘って交渉してくれた。

最後にはタクシーの運ちゃんもぶち切れて、そこまでいわれちゃぁ金いらねえよとばかりに勝手に車動かすし、その車に30000FGを放り込んで決着したんだけど、やっぱり一人でタクシーには乗りたくない。なにしろあのケンカをするくらいなら金を払ったほうがマシ。精神的にきつかった。

実は朝10時半ぐらいには水道局員は私のホテルに来てくれていたらしい。待ってればよかったんだけど。ただ、9時に待ち合わせで15分ぐらい遅れるかもといわれると、これは何かおかしいと思ってしまうんだよね。もちろん日本だったら携帯使うんだけどさ。あっちも気を利かせてホテルに電話くれるような状態ではないんだよね。
もうこの国のタクシーはこりごり。まったく知らないぜんぜん違う場所に行ったときはほんとに不安だったよ。自慢じゃないけど道知らないよ。今週の木、金は若干疲れたよ。

水道局員にあとで安易にタクシー乗るなとか怒られるしさ。いい時計するなとか怒られるし。時計なんて日本では持って歩きはしないのに。しかもだ、ホテルに帰ったら、ホテルの姉ちゃんにまで、タクシーに乗るときは金額を決めてから乗らないとだめだと。ホテルが交渉したら、運転手は今後のため、ボッタクリはしないと。それを早く教えてくれ。俺朝、どうすればいいのか聞いたじゃん。英語で。フランス語はもうこりごり。 あーグチ書いた。

それにしても水道局員とタクシー運転手のケンカはすごかった。ちなみに10000FGは 日本円250円。何をやってんだろうなぁ俺は。そして私の運転手とは未だ連絡がつかない。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-14 19:21 | 海外営業

現場作業開始

b0090566_5292060.jpg

b0090566_5294632.jpg

b0090566_530131.jpg


とりあえず一通りの説明と実習を終わらせて、現場作業開始。
とにかく暑くて飲み水が必要。
子供が興味もっていっぱい寄ってくる。

地平線ってのが見えた。現場作業になったら、まったく別の所になったので、風景だの、田舎っぽさとか、ちょっと都会とは違った雰囲気だった。あしたも同じ場所なので嬉しい。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-11 05:33 | 海外営業

優勝決定

なんだかホテルの中もホテルの外もすごく騒がしい。
フランスのPKはずしちゃったひとちょっと気の毒だな。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-10 05:48 | 趣味

決勝戦

決勝にふさわしいいい試合。
ジダンの運動量が落ちてるけど、ボールもったらすごい。
これから延長。

さっきホテルのバーにいったら、フランスかイタリアか?と聞かれて、フランスといったらブーイングをされてしまった。よくみれば、そのひとはイタリア風の顔立ちだった。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-10 04:56 | 趣味