思ったこと、本の感想、テレビの感想、日記


by hirokinim

カテゴリ:海外営業( 27 )

油拝

こちらも日本と同じく季節の変わり目らしく、寒くも無く暑くもないなかなか快適な気候。
あまりゆっくりパソコンに向かう時間がないのが残念だけど、今週末には暇になる予定なので、油拝2を楽しみにしていて。展示会は非常に盛況で、お客さんの反応が日本と違って新鮮!機材を知らない人がけっこういる。これからが楽しみ。御飯は全体的においしい。カレーもそんなに辛くないし、よかった。昨日ローストチキンを丸ごと一匹食べたけど、約600円でフレッシュオレンジジュースがついてくる。地元向けの店は安い!ホテル内はやっぱり値段が高くて食事をする気にならない。酒を飲まないので、体調は万全。
[PR]
by hirokinim | 2008-03-12 16:30 | 海外営業

しゅっちょうちゅう

b0090566_9213142.jpg

海外の展示会に参加させていただいています。元気です。オーストラリアってけっこう寒い。飲みすぎには注意したいですね。
[PR]
by hirokinim | 2007-10-30 09:24 | 海外営業

あどわーずこうこく

最近自分の会社のウェブサイトに少しかかわるようになって、グーグルのアドワーズ広告というのを始めてみた。
検索キーワードを登録して、そのキーワードが検索されると私の会社のホームページの宣伝が表示されるというやつ。

広告を出さないときは20件ぐらいの訪問が、広告を出すと80件ぐらいにまで跳ね上がる。
どこから検索されているのかとか、どんなキーワードでホームページに飛んできてるとか、わかって、おもしろい。

できればホームページの更新も自分でできるようになりたいなぁ。
それで訪問者が増えたりしたら、楽しそう。
[PR]
by hirokinim | 2007-09-21 21:56 | 海外営業

日本からのおみやげ

昨日ある東南アジアの方面からお客様がみえた。
昨年の1年間での売り上げはほとんどない。メールのやりとりも数回だ。

弊社から彼らへのお土産はアイポッドシャッフルだった。
びっくりした。悪いことではないけど。
[PR]
by hirokinim | 2007-01-17 22:42 | 海外営業

まけどにあって

まだまだ先のはなしなんだけど、今年の4月ぐらいにマケドニアに行く事になりそう。
新年あけたら急に現実味が出てきた。
海外営業になったら海外出張が増えるだろうと期待していた割りに、ちっともそんな気配がなく、行く可能性のあった中国出張も置いてきぼりにされていたし。
出張ぐらいでなんだけど、はっきりいって個人的に嬉しい。わくわく。

ところでマケドニアって?アレクサンダー大王と関係があったようななかったような。
[PR]
by hirokinim | 2007-01-10 21:44 | 海外営業

21人家族

妻2人、21人家族。私がギニア滞在中に最も信頼していた運転手の家庭の話なんだけど、当然21人家族でケンカしたりしないのか気になって聞いてみた。

ケンカは全くないとの返答。どうしてか聞いた、ちなみにフランス語で「プルクワ?」
だって「家族」だもの。と。日本での私の家族が妻と娘の3人だと言うと信じられないとのこと。

ここからは完全に私の主観なんだけど、確かにイスラムの教えも深く浸透しているとは思うけれども、娘たちも家を出ずに言ってみればマスオさん(娘のだんな)が当然のように一緒に3人暮らしている。運転手の父はギニアの電話通信業のさきがけで一財産築いた人らしい。
そういう人にいってみれば経済的におんぶだっこで暮らしているようなのだ。
運転手の家は、車を持っているだけあって、ギニアの平均からみれば非常に裕福。そういう家庭に親戚一同みな集まって暮らしている。

日本だってもちろん「家族」なんだけど、姑が気に入らないとか、嫂が嫌とか、爺さんが頑固で嫌とか、しまいには自分の意思で結婚したはずの夫が出張に行かないのが許せないとか言う始末。

違いを考えてみたんだけど、イスラムの教えか、もしくは貧乏という環境が関係しているとしか思えない。女性も男性も生活力が乏しくて、新しく来た妻が嫌とか言っていたら、ご飯を食べられない生活になる不安があるのではないだろうか。

しかしながら、彼らはギニアで皆楽しそうに明るく暮らしている。ジャポネ!金をくれよといいながら。一方日本では老人ホームが大繁盛しているけれども、どちらが幸せなのかは私にはよくわかりません。
[PR]
by hirokinim | 2006-08-02 23:11 | 海外営業
やっと「マネーマネー」カントリーを出国することができて、ちょっと一安心したエアフランス機内。

時間が遅くなったこともあって、私はその飛行機への搭乗は最後の方でした。
やっとの思いで自分の座席をみつけ、かばんを上の棚にしまって一安心。やっぱりエアフランスのスチュワーデスさんは綺麗だな~とおもって見ていると、近づいてくる?

「ユアシート?」英語だ。(さっきもらったボーディングパスの半券は?おっ、かばんと一緒にしまっっちゃったよ(私)) 「D31」(あってるよな(私))

その半券を彼女に見せた。ちょっとコクリとしたように見えたエアフランスの綺麗なお姉さん。今度は「ユアシート」と言いながら後ろの方を指差す。私はもう一度D31の自分のシート番号を確認した。あっていた。でも指の方向は後ろなので、ちょうどかばんを下ろしたこともあり、荷物をまとめた。するとおもむろにそのスチュワーデスさんは私の腕をがしりとつかみ、後方の席にひっぱって行くのだ。まるで私はFBIに連れられる宇宙人のようだった。そのスチュワーデスはF47のシートに私のD31半券を挟み、そしてF47シートを指差すのみ。

訳がわからなかったけど、その席F47におとなしく座ってしばらくすると3人組みぐらいの客が私のもといたシートD51E51F51に座った。なるほど、席替えだったのか。やっと理解できた私。

でも、普通「他の席に変わっていただけますか?」とそういう一言をいわないか?フランスでは何も物を言わずに客の腕ひっぱんのかい?英語でもフランス語でもいいからさ。何か言ってよ!やっぱり日本人、いや私はフランス人には馬鹿にされてんだろーなーと思った。
全体的にエアフランスにはいい印象を持たなかった。
[PR]
by hirokinim | 2006-08-01 23:41 | 海外営業

ギニア出国 マネー事件

ギニア最後の日、帰国の日。
空港へ行くと、綺麗なイスラムの服を着た人が2人。私を見送りに来てくれていた。
うちのカミサンへのプレゼントだと言って民族風の布をくれた。嬉しかった。

そしてしばし別れを惜しむうちに帰りのフライトまであまり時間がなくなってしまった。
飛行機にはあまりなれていない。今回の出張で少し長時間のフライトに慣れたという程度しか経験がない。
スーツケースの鍵をかけずに空港に来てしまったので鍵をかけようと思いスーツケースを空港で空け、かばんを探ると鍵がない。どうしよう。ぴんち。さがしてもさがしてもみつからない。また時間をくってしまった。えい、しかたない、ビニールぐるぐるに巻いてもらって、飛行機に預けちゃえ。

ビニールぐるぐるコーナーにいくと、何故か後ろから来た黒人が私の順番を追い抜いていく。
また時間がかかる。でもなんとかスーツケースをビニールで巻いてもらった。

今度は荷物を預けてチェックインしよう。ここでも人はいっぱい並ぶしさらに時間はなくなってくる。順番が来たというのにエアフランスのギニア姉さんはなんだか私の荷物に集中せずに電話だのなんだの、他の客の荷物重量超過料金の精算だのおそいったらありゃしない。しかもだ、成田までつけてくれと私が言っているのに、香港までしか無理だとか訳のわからないことをいう。フランスまでなら理解できるけど、キャセイパシフィックの乗り継ぎの香港で荷物だけ止まるのは意味がわからないとかなりせっとくしたところ、成田までスーツケースを手配できたとのこと。

急げ次は出国手続きだ!ここで重大ミスを犯していた。飛行機の搭乗券を受け取っていなかったのだ。係員がボーディングパスと私に言ったときに気がついた。係員は隣にいる男に私のパスポートをおもむろに渡す。私だってスーツケースの姉ちゃんがくれることぐらい知っているけれども、その男は私のパスポートを離さない。結局スーツケースの姉さんの所に戻って、搭乗券をもらおうとしたら、その男は搭乗券とパスポートを奪い、マネー!マネー!ちっともパスポートを返してくれない。私が手を出したら振り払うのだ。もちろんデカイ黒人。

多少の金はあったんだけど、時間が何しろ迫っていたのと、この国の「マネーせびり風習」には若干頭にきていたので、空港のロビーに響くぐらい大きな声で「いい加減にしろ」とでかい声で言って、そのあと本気でこちらがパスポートを奪い取りにいったら返してもらえた。一安心。

ギニア空港の係員が、よくわからない「マネーせびりマン」と組んでいるんだよね。ちょっと私の常識を超えたできごとでした。

そのあとは無事蒸し暑い空港から出国できました。もちろんターミナルビルはなく、滑走路を歩いて飛行機に乗る空港でした。
[PR]
by hirokinim | 2006-08-01 23:22 | 海外営業

明日はバンドルディ

b0090566_4365397.jpg
b0090566_4371946.jpg
講義としてはあとのこすところバンドルディ 1日!しかもバンドルディは半日授業。
そして、日本語からフランス語の通訳さんもやってきて、この写真の生徒たちに修了書を渡して、報告書の打ち合わせを行うはず。
ということは実質の私の1ヶ月の講義は終了といっても過言ではありません。ぱちぱちぱち。もう気楽なもので記念写真なんて撮ってしまいました。

明日は思いっきり日本語を話そう。
ちなみにバンドルディはフランス語で金曜日です。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-21 04:43 | 海外営業

最終週

b0090566_3372742.jpg
b0090566_3375577.jpg
b0090566_3383113.jpg
早くも最終週を迎えております。1ヶ月もウチの会社の機材の取説したことないぞーと、当初考えていましたが、早くも最終週の水曜日も終わり、既に現場実習は終了しました。あれ、まだ生徒が使い方覚えてないみたい。急いで説明しなきゃ!とあせっているような今週の私。
今週は機器使用法の復習と実施テストにあてていますが、非常に成績が悪いんだなぁ、これが。
先生にも責任あるかもしれないけれども、もうちょっとなぁ。
でもあと2日あるのでしっかりとやらないと。
[PR]
by hirokinim | 2006-07-20 03:42 | 海外営業