思ったこと、本の感想、テレビの感想、日記


by hirokinim

小泉首相の靖国参拝

終戦記念日に小泉首相が靖国神社に参拝したあと、かなりのテレビで扱っていた。
よく知らなかった部分もテレビで放送されていて、興味深く見た。
というのはどうしてA級戦犯がすぐに合祀されなかったのかよく知らなかった。
こういったことに日本国民の意識を与えただけで充分に意味があったのではないかと思う。

サッカー日本代表監督のオシムさんも日本人は「自分で考える」ということを制限されているという事を言っていたらしい。自分は特にそういう傾向が強いと思う。こういう事は同じ日本人同士は口にしないよね。

戦争について国民が考えるきっかけを作った小泉首相を私は高く評価している。広島にも長崎にも、千鳥が淵にも訪問している首相をすばらしいと思う。
そして最近は以前よりも日本人で良かったと思う事が増えている。

それからまったくの蛇足ですが、「自分は靖国参拝に賛成」という友人が右でも左でもないとブログに書いていたけど、首相の靖国参拝OKというあなたはもうすでに「右」です。自覚してください。
[PR]
by hirokinim | 2006-08-16 22:46 | 随筆